コストコのクラムチャウダーのカロリーや値段コスパは?糖質制限におすすめ

コストコでおすすめ商品のクラムチャウダー。色々なアレンジが出来て万能で、リピート買いされる方もおられるとか。

今回は、コストコのクラムチャウダーの、カロリーや値段コスパについてご紹介します。糖質制限ダイエットにおすすめのようなので、そちらも詳しく調査していきます。

コストコのクラムチャウダーのカロリーや値段コスパは?

クラムチャウダーとは、アメリカ東海岸のニューイングランド地方で生まれた、伝統的なスープです。日本では、クラムチャウダーには、あさりを使うのが定番ですが、本場アメリカでは「ホンビノス貝」という、ハマグリよりも2、3周り大きい二枚貝を使うのが一般的です。

コストコのクラムチャウダーには、缶タイプ、カップタイプ、フードコートの3種類あります。缶とカップは、同じキャンベル社の商品ですが、内容が異なります。

・缶タイプ

本場アメリカ東海岸で獲れる「クラム」という、ハマグリの類の二枚貝で、あさりより肉質部分が大きく、臭みが少ないのが特徴的な貝を、ふんだんに使っており、本場の味を楽しむことができます。

ストレートですが、かなり濃厚な仕上がりになっているので、色々なアレンジができ、グラタンや、クリームパスタ、クリームシチュー、リゾート、コロッケなどに使えます。

スープとして飲む時は牛乳や水で割って飲んでも良いです。濃いめが好きな方は、そのまま温めてお召し上がり下さい。その際、パンをディップしたり、クラッカーを砕いて入れるのも良いです。

具は、クラムの他にじゃがいもが入っているので、特別何か具を足さないといけないと言うことは無さそうです。

値段は、1.4キロ×2缶(1缶6〜7人前)で1248円(次期によって値段が変動する場合有り)で、1食分を240gで計算すると約107円になります。一般的に売られている、レンジで温めるタイプのレトルトのものは、150gで185円なので、こちらの商品はかなりお得といえます。

2缶合わせると3キロ近い量もありますが、使い切れない分は、小分けにして冷凍できます。

カロリーは、1食分240gで約210キロカロリーとなっています。一般的なクラムチャウダーは、240gで254キロカロリーとされているので、それに比べると低いですが、アレンジで食材を足すとその分カロリーは増えてしまうので、カロリーが気になる方はお気をつけください。

・カップタイプ

こちらは秋冬商品で、数量限定発売となっているようです。缶タイプはクラムが使用されていますが、カップタイプはあさりが使われています。

値段は、約20g×12カップ入りで1398円で、1カップあたり約116円です。コンビニで売られているカップスープと、だいたい同じぐらいの値段になります。インスタントなので、カップにお湯を注いだら1分で出来上がります。

手間が省ける分、値段は缶よりも高いですが、飲みたい時に手軽に飲ますし、賞味期限が購入日より約11ヶ月もあるので、家にストックしておくのも良いですね。

カロリーは75キロカロリーとなっており、スーパーやコンビニでよく見かける、カップのスープ春雨かきたま味が70キロカロリーなので、だいたい同じくらいとなります。

ちなみに、一般的にワイン100mlあたり約75キロカロリーです。

・フードコート

コストコでは、フードコートでもクラムチャウダーを楽しむことができます。

はっきりとした量はわかりませんが、かなり大きめのカップにたっぷり入って300円で、クラッカーが付いてきます。

カロリーは200〜250キロカロリーで、具にじゃがいもやベーコン、貝などが入っています。

サイズが大きめなので、女性の方ですと、1杯で満腹になる方もいるようなので、買う際は誰かと分けて買うのも良いかもしれません。

コストコのクラムチャウダーは糖質制限ダイエットにおすすめ?

今回は、缶タイプについて調査します。

クラムチャウダーは、バターやホワイトソースが使われているので、他のスープに比べやや高めのカロリーとなり、具にじゃがいもが使われたり、ホワイトソースによって糖質も高めになります。

なので、残念ながら、一概に糖質制限ダイエットにおすすめできるとは言いかねます。

1食分240gに脂質が15g含まれており、糖質は正確なグラムはわかりませんが、一般的なクラムチャウダーでは、脂質が14.98gで糖質が20.31gとなっているので、こちらを目安に考えると良いかと思います。

一般的なクリームシチュー1人前306gを見てみると、カロリーは269カロリーで、糖質が11.69gとなっており、シチューのほうが量が多いにもかかわらず、クラムチャウダーの半分程の量になります。

こうして見てみると、糖質制限には不向きのようですが、一緒に食べる食材によっては、ダイエット効果も得られます。

クラムチャウダーに入れる、おすすめの食材が3つあります。

1つめは、キャベツです。腸内環境を整え、体に溜まった老廃物や毒素等を、排出する働きがある食物繊維が豊富で、満腹感も得られます。

2つめは、玉ねぎです。代謝を高め、体を温める効果があり、脂肪の吸収を抑える成分の「ケルセチン」が豊富です。ただし、玉ねぎは他の野菜に比べ、カロリーと糖質がやや高めとなりますので、入れすぎないようにしましょう。

3つめは、あさりです。あさりには血中コレステロール値を下げる効果のある成分「タウリン」が豊富に含まれています。そして、体内の中性脂肪を減らす役割も果たします。

あさりのみではなく、貝全般にタウリンが多く含まれているようなので、スープにすでに入っているクラムの他に、違う種類の貝を入れてみるのも良いかもしれません。

もちろん食材を足すとカロリーは増えてしまいますが、ダイエット効果が得られる食材なので、少しずつ足してみるのも良いでしょう。そのままスープとして飲む際には、水で薄めて量を増やし、満腹にする方法も良いかもしれません。

まとめ

ホッと一息つきたいときや、体を温めたいとき等に飲むスープっておいしいですよね。朝食に飲むのもとても良いです。

コストコのクラムチャウダーは、具が入っているのでそのまま温めて飲めますし、他の料理にも使えてとても便利です。

糖質制限ダイエットをしたい方は、決して糖質が低いわけではないので、飲み過ぎないように注意しましょう。

ダイエット中の方は、是非ダイエットに効果的な、おすすめの食材も取り入れて見てくださいね。