コストコのプルコギビーフのカロリーと値段コスパは?肉じゃがやハンバーグなどアレンジ3選!

コストコのデリカコーナーで人気の定番商品のプルコギビーフ。薄切り牛肉に、味付けをした状態で売られているので、買って焼くだけと、とても簡単に調理できるため人気のようです。

このプルコギビーフのカロリーや値段コスパ、肉じゃがやハンバーグなどのアレンジ方法3選をご紹介!

コストコのプルコギビーフのカロリーと値段コスパは?

プルコギビーフは、カッコ書きに韓国風焼肉と書かれており、韓国語でプルは「火」コギは「肉」で炒めた肉という意味で、韓国では定番料理の1つです。

韓国料理は、辛いものが多いイメージがありますが、プルコギは、醤油ベースで甘辛く味付けされる料理なので、日本人の口にも親しみやすい味わいとなっています。

コストコのプルコギビーフは、すでに甘辛いソースに漬け込んだ薄切り牛肉と、玉ねぎ等の野菜がミックスされており、その上にごまとネギがかかって売られています。

お肉の柔らかさも人気で、タレに含まれるパイナップルの成分が、お肉のタンパク質に働きかけ、柔らかくなっているそうです。また、タレにもフルーティーな甘さが加わって、より一層おいしくなっているようです。

プルコギビーフのカロリーは、残念ながらカロリー表記がなく、はっきりとした数値はわかりませんが、一般的なプルコギビーフは、100g約150キロカロリーで、1食分(355g)約555キロカロリーです。こちらはあくまで一般的な数値なので、だいたいの目安でお考え下さい。

値段は、時期によって変動があり、100gあたり150円前後で売られていることが多いです。

1パックあたり1.5キロ〜2キロで、だいたい2500円〜3000円の値段設定になっています。

調味済みですし、使われているお肉が、アメリカの牛肉の格付けで2位にあたる「チョイス」を使っているのに、100g150円前後で買えるため、コスパが素晴らしいところも人気です。

また、一般的なスーパーで調べたところ、アメリカ産の牛肩ロース切り落とし 339gが735円、100gあたり217円で売られており、100gあたりの値段を見るとコストコのプルコギビーフは、かなりお得になっています。

賞味期限が2日間しかないので、食べきれない場合は冷凍すると良いです。元から冷凍ストックするために多めに買って行かれる方もおられるようです。

肉じゃがやハンバーグなどアレンジ3選!

コストコのプルコギビーフは、様々なアレンジができることでも人気で、たくさんの方がクックパッドや、インスタグラム等でアレンジレシピを載せています。

ご飯との相性が抜群なので、そのまま乗せて丼ぶりにしたり、肉巻きおにぎりやキンパ(韓国海苔巻き寿司)にしたり、うどんに乗せたり、パンに挟んでサンドウィッチを作ったり、本当に様々です。

今回は、たくさんある中から3つのアレンジ方法をご紹介します。

1、肉じゃが
牛肉がしっかりしているので、煮込み料理にも使えます。甘めの味付けが肉じゃがにぴったりです。すでに味付けされているので、普段の味付けより少なめで済みます。
2人前
プルコギビーフ 100g
じゃがいもMサイズ 2個
にんじん 1本
玉ねぎ(プルコギに玉ねぎが含まれているので、無くても良し。もし玉ねぎ多めが良ければお好みで足して下さい。)
水 200ml
醤油 大さじ2
みりん 大さじ2
酒 大さじ2
じゃがいも、にんじんを好みのサイズに切り、ビーフと一緒に鍋に入れます。ある程度炒めたら、水と調味料を入れ、煮込んだら出来上がりです。

2、ハンバーグ
プルコギビーフを使ったハンバーグは、肉汁たっぷりですし、味付きなので、調味料もソースもいりません。お弁当にも良いですし、炒め料理ばかりで、飽きてしまった方は是非試してみてください。
2人前
プルコギビーフ 400g
卵 1個
パン粉 50g
牛乳 大さじ3
水 100ml
パン粉に牛乳を加えてふやかします。ビーフ、卵、ふやかしたパン粉をフードプロセッサーで細かくします。フードプロセッサーが無ければ、ビーフを包丁で細かく切って、卵、パン粉と混ぜ合わせましょう。細かくしたタネをボウルに移し、丸く形を作ります。フライパンに油をしいて熱したら、焼いていき、両面に焼き目をつけたら、水を入れて蓋をして蒸し焼きにします。水分が飛んでパチパチと音がし出したら出来上がりです。
ソースは無くてもおいしいですが、お好みでしょうゆやポン酢をかけても良いです。

3、チャーハン
さっと炒めるだけのすぐに出来る簡単時短チャーハンです。忙しくて料理する時間があまり無い方におすすめです。
1人前
ビーフ 100g
ご飯 お茶碗1杯
黄卵 1個
長ネギ 適量
塩こしょう 適量
にんにくチューブ(お好みで)
水分を飛ばすために、ご飯を電子レンジで温めます。その間にビーフを炒めておき、強火にして、ご飯を入れ、炒めます。溶き卵を投入して、ご飯がパラパラになるまで炒めたら塩こしょうをして、にんにくチューブ(無くても良い)を入れます。お皿に盛り、長ネギを乗せたら出来上がりです。
まだまだたくさんのアレンジ方法があるので、他のレシピも気になる方は、是非ネットやインスタグラム等で検索してみてください。

まとめ

コストコのプルコギビーフは、お肉がとっても柔らかく、そのまま焼いて食べてもおいしいし、アレンジ方法もたくさんありますし、何と言ってもコスパが素晴らしいです。デリカコーナーでとても人気なのがわかりますね。

ネット等では、たくさんの方がアレンジレシピを紹介していますが、薄切りの牛肉は、色々な料理に使いやすいので、ご自身でアイデア料理を作って試してみるのも良いですね。