コストコ会員が無料になる方法は?特典の紹介と会員登録や解約の仕方!

ご存知の方が多いと思われますが、コストコへ入店するには会員カードが必要で、そのカードを入手するには、年会費を払わないといけません。そこで今回は、コストコ会員が無料になる方法を調査します。合わせて入会した方への特典や会員登録、解約の仕方をご紹介します。

コストコ会員料が無料になる方法は?

完全に無料でカードを手に入れることはできませんが、無料で入店する方法はいくつかあります。

まず1つめは、会員カードを持っているお友達に連れて行ってもらう方法です。

コストコの会員カードは1枚につき、所持している方の他に大人2名(18歳以上)まで同伴することが可能です。お子様は18歳未満ですと何人でも同伴できます。

ですので、お友達のどなたかがカードを持っているのならお願いしてみると良いですね。

2つめは、家族カードを発行する方法です。

コストコ会員の方は、1枚無料で家族カードを発行することができます。家族カードを持っていれば、主会員の方がいなくても入店できます。

通常と同じく大人2名(18歳以上)まで同伴することが可能なので、お友達を誘うこともできます。

申し込み方法は、新規で会員カードを作る際に一緒に申し込むか、すでに会員カードをお持ちの方はメンバーシップカウンターで申し込みます。

申し込めるのは、18歳以上の主会員と同じ住所に住んでいる方のみになります。その際住所と年齢が確認できる身分証明書が必要になります。

主会員と同伴での申し込みが原則となりますが、どうしても同伴できない場合は、主会員カードと顔写真付きの身分証明書を持って行くと可能です。

家族カードは年会費無料なので、ご家族のどなたかが会員になる際は発行することをおすすめします。

3つめは、コストコのプリペイドカード、商品券、1日特別招待券等を入手して入店する方法です。

いずれかのものを持っていると、会員カードが無くても入店することができます

でも入手するには、いずれもコストコ店内に売ってあるので、会員の方に代わりに買ってもらうか譲ってもらうしかありません。

以前は招待券がムック本や新聞広告に付いていたのですが、最近はあまり見かけません。

ヤフーオークション等で売られているものもあるのですが、転売の券は使えないことがあるようです。プリペイドカードや商品券、招待券を使った場合、入店時に受付カウンターで手続きが必要になります。

そして買い物の会計時に、非会員なので会員価格に5%上乗せされます。

4つめは、当日退会する方法です。当日ではなくても良いのですが、コストコでは有効期限内の退会ですと、全額返金が保証されています。

なので、大量に買い込んでから期限までに退会すると会員料はかかりません。当日退会することも可能なので、バーベキューシーズンなどに普段コストコへは行かないけれど、その日にたくさん買い物をしたい方等にはいいかもしれません。

退会する際の注意点がいくつかありますので、後ほどご説明します。

5つめは、コストコの還元が受けられるクレジットカードを作る方法です。

こちらは実質無料になる方法で、完全に無料になるわけではありませんが、1000円で1ポイント貯めることができるので、毎回まとめ買いをする方におすすめです。

貯まったポイントはヤフーショップやTポイントカードが使える場所で使えたり、Amazonギフト券に交換することができます。

おすすめのクレジットカードは、パルコマスターカードです。こちらは年会費無料で誰でも簡単に作ることができ、有効期限なしにポイントを貯めることができます。

さらにパルコで5%オフ、第1、第3土曜に西友、LIVIN、SUNNYで5%オフになるので、お近くにこちらのお店がある方には良いと思います。

コストコ会員の特典の紹介

コストコの会員になると特典として、2つの保証が付いてきます。

1つは、先ほどお伝えした、退会時の全額返金の保証です。こちらは有効期限内ですと、会員になった初年度のみではなく2年目以降でも、全額返金されます。

もう1つは、返品・返金を無条件でしてもらえる保証です。

どんな商品でも理由があれば返品・返金可能です。中には、生ものが「美味しくない」と言う理由だけで返品できたようです。

もらえる特典は、コストコ1日特別招待券やコストコプリペイドカード引換券等あるようです。こちらは会員の更新の際にもらうこともあります。

コストコ会員登録や解約の仕方

会員登録はネットからする方法と店舗からする方法があります。

ネットで事前に登録しておくと、会員カードをスムーズに受け取ることができます。

ネット会員登録

ネットで事前登録する方法は、公式サイトにアクセスして、法人会員(ビジネスメンバー)か個人会員(ゴールドメンバー)かを選択します。

次に氏名、住所、電話番号等の個人情報を入力して、手続きが完了します。

その際に表示される受付番号とお渡し期限をメモしておきます。

期限がすぎてしまうとカードをもらうことができなくなるので、必ずお渡し期限内に来店しましょう。

受け取る際は、受付番号と免許証や保険証、パスポート等の本人確認ができるものが必要になります。

ビジネスメンバーに登録した方は名刺等の会社所在地を証明するものも必要です。

カードの受け取りは全国どこのコストコでもできます。

入店する際に近くの店員さんに、ネット申し込みしてあることを伝えると中へ通してもらえます。あとは受付カウンターへ行って、受付番号を伝え、カードに掲載されるための簡単な写真撮影をし、現金かクレジットカードで年会費を支払うと会員カードをもらうことができます。

店舗で会員登録

店舗で登録する方法は、来店した際に近くの店員さんにカードを作りたいことを伝えて、中に通してもらい、受付カウンターへ行きます。

書類に個人情報を記入し、写真撮影をして年会費を支払ってカードを受け取ります。

いずれの方法も身分証明書が必ず必要なので忘れないようにしましょう。

会員解約方法

解約方法は簡単です。

コストコへ来店し、メンバーシップカウンターで退会したいことを伝えます。店員さんがその場で手続きをしてくれるのでそちらが終わると、会員カードを返却して終了になります。

家族カードを持っている方は家族カードも一緒に返却しましょう。

会員カードの有効期限内に退会した場合は、全額返金されますので、カードを返却した後に返金分のお金を受け取ることができます。

退会は店舗のみでしかできませんし、登録した本人しかできませんのでお気をつけください。

カードを紛失した場合は、身分証明書があれば解約できます

会員解約の注意点

退会する際の注意点がいくつかあります。

1つめは、解約後12ヶ月間は再入会できません。

2つめは、解約した方と同じ住所の18歳以上の家族も12ヶ月間は新規入会できません。身分証明書に記載されている住所が違うのであれば新規入会することは可能です。

3つめは、解約後過去に購入した商品の返品、交換、返金ができません。

先ほど、無料になる方法でお伝えした、当日退会する方法ですが、もし当日に退会したとして、後から商品の不具合を見つけても返品等全くできませんので、この方法をする際は十分に考えてからすることをおすすめします。

まとめ

今回コストコ会員料が無料になる方法を調査しましたが、思ったよりたくさんあり驚きました。

まだコストコに行ったことがないけれど行ってみたいと思っている方は、是非試してみてください。

登録、解約方法も手順が簡単ですぐにできるので、コストコが気に入った方は登録してみてはいかがでしょうか。