コストコのオキシクリーンで上履きを真っ白にするコツ!洗濯機やお風呂掃除にも

オキシクリーン

コストコで売られている万能クリーナー、オキシクリーン。洗濯やキッチン用品の漂白のみならず、“オキシ漬け”をすれば子供の上履きは真っ白に、洗濯機やお風呂場もピカピカにすることが出来ますよ!その方法をご紹介します!

コストコのオキシクリーンで上履きを真っ白にするコツ!

子供が持ち帰ってくる上履き。どんなにつけ置き洗いしてブラシでゴシゴシこすっても、色が白く戻ることはありません。なんだか洗った甲斐を感じませんよね……。

ところがコストコのオキシクリーンを使うとたちまち買ったばかりの頃のように真っ白な上履きが戻ってくるんです。

どんなに汚れていたとしても、「この靴の色は?」と聞けば「白!」と返してもらえるくらいに!しかも洗い方はとっても楽々で、簡単に言えばつけ置きをするだけ。その方法を注意点も合わせてご紹介します。

【オキシクリーンを使う上での注意点】

①40℃~60℃のお湯を使用すること。オキシクリーンはお湯でないと効果が半減してしまうので注意してください。

②オキシクリーンの効果があるのはつけ始めてから20分~6時間までです。それ以上置いても効果は出ません。

③革や合皮、エナメル素材で出来た靴やドライクリーニング表示がある靴はオキシクリーンでは洗えません。

④塩素系漂白剤とは混ぜないこと。

⑤手が荒れる原因になるので、ビニール手袋などを使って素手では触れないようにしましょう。

それでは注意点に気を付けながら、オキシクリーンを使って上履きを洗っていきましょう。

【オキシクリーンを使った上履きの洗い方】

1、バケツに40℃~60℃のお湯を溜め、付属のカップ1杯分のオキシクリーンを入れ、よく混ぜて溶かします。

2、その中へ上履きをつけます。全体がつかるように上手く入れましょう。そのまま2時間程度つけておきます。汚れがひどい場合は6時間おきましょう。(オキシクリーンの効果は6時間までです)

3、上履きをブラシで軽くこすり洗いし、オキシクリーンが残らないようにすすぎます。このすすぎはしっかりと行いましょう。後は洗濯機で脱水し、風通りのいい場所で干して終了です。

これでどんなに汚れた上履きも白さが戻り、鼻をつまみたくなる臭いも消えてしまいます!!もうオキシクリーン以外では靴は洗えませんね。真っ黒な上履きを真っ白に戻して、お子さんを驚かせましょう!

ちなみにこの方法でスニーカーなど他の靴も洗うことが出来ます。何足かまとめてつける場合は色落ちする可能性があるので、同じ色ごとに分けるようにしましょう。

コストコのオキシクリーンで洗濯機やお風呂掃除をする方法

次にオキシクリーンを使って、洗濯機やお風呂の掃除をする方法をお伝えします。

【洗濯機編】

まずは洗濯機の掃除方法からご紹介します。

洗濯機ってパッと見ただけでは分かりませんが、洗濯槽の裏側にはカビやら汚れやらがこびりついているんですよね。そんな水で洗った服を着ているかもしれないと思うと、なんだか体が痒くなってきてしまいます……。

でもオキシクリーンさえあれば、簡単に洗濯機の汚れを落とすことができ、毎日清潔な水で洗濯が出来るようになりますよ!

1、まずは洗濯機に高水位の所まで40℃~60℃のお湯を溜めます。お風呂の残り湯を使えば適温で節約にもなるのでおすすめです。ただし入浴剤が入ったお湯は使わないようにしましょう。

2、お湯を溜めたらオキシクリーンを付属のカップ4~5杯分入れて、2~3分程洗濯機を洗いコースにして回します。洗濯槽洗浄コースがある場合はそれを押しましょう。

3、洗濯機が止まったら、そのまま3~6時間おきます。この時点で既にゴミが浮いてきている時は取り除いておいてください。ゴミを取る時はネットなどを使うと楽に取れます。ない場合はいらないストッキングとハンガーでも代用できます。

4、数時間経ったら、再び洗濯機を洗いコースで2~3分回します。またゴミが現れるので取り除き、再度洗濯機を回します。これをゴミが出てこなくなるまで何度も繰り返していきます。

5、ゴミが出なくなったら、今度は洗い・すすぎ・脱水と洗濯機を回しましょう。このときは普通の冷水でOKです。最後に洗濯機の壁についたゴミや汚れをティッシュなどで拭き取ったら終了、掃除が終わったら洗濯機のフタは開けて内部を乾かしておきましょう。

オキシクリーンを使って洗濯槽の掃除をすると、市販の洗剤を使ったときには取れなかったカビや汚れも取れると話題です。

消臭効果もあるので、嫌な生乾きの臭いもなくなりますよ。洗濯機掃除は1ヶ月に1度は行って、洗濯機をいつでも清潔に保っておきましょう!

【お風呂編】

オキシクリーンはお風呂掃除にも使えます。バスタブも床もお風呂グッズもピカピカになる上、風呂釜も同時に洗浄出来てしまうのでとても便利ですよ。

1、バスタブの半分ほどまで溜めたお湯(入浴剤なし)にカップ4~5杯分のオキシクリーンを入れ、よく混ぜて溶かします。その中へ桶やイス、子供のおもちゃ、お風呂のフタなど汚れが気になる物を全てつけましょう。風呂釜も掃除したい時は一度追い焚きをします。

2、その後3~6時間おきます。

3、つけ置きが終わったら排水しますが、その際オキシクリーンが溶けたお湯を使って、壁や床の汚れをブラシなどでこすると良いでしょう。

4、風呂釜を掃除した場合は排水後、再度穴の上辺りまで水を溜め、追い焚きをします。風呂釜の汚れが流れ出てくるので、水を溜め→追い焚き→排水を2、3度繰り返しましょう。歯ブラシを使ってフィルターのゴミを取るのも忘れずに。

5、最後にバスタブやお風呂グッズをブラシやスポンジなどでこすり、シャワーで洗い流して終了です。壁や床も綺麗に流しましょう。

ちなみに、お風呂の床は全面つけ置きをすることで簡単に綺麗にすることも出来ます。

1、ビニール袋に水を入れ、排水口に乗せてフタをします。

2、床全面にカップ1~2杯分のオキシクリーンをまんべんなくまきましょう。

3、シャワーで床から1cm程の高さになるまでお湯を溜めながらオキシクリーンを溶かし、その後3~6時間おいておきます。

4、時間が経ったら排水し、最後に軽くブラシでこすりながら洗い流しましょう。

お風呂掃除は、入浴後に始めるのが一番効率がいいのでおすすめです。お湯の温度もちょうど良く、寝ている間の時間を有効活用出来ますね。

掃除の頻度は理想は1ヶ月に1度ですが、2~3ヶ月のペースでも十分です。毎日リラックスして入浴出来るよう、定期的に行うようにしましょう。

※今回ご紹介したのは、コストコで買えるアメリカ製のオキシクリーンを使った方法です。日本語表記のある中国製の物とは計量カップの大きさが違うのでご注意ください。

まとめ

オキシクリーンで上履きを真っ白にする方法と洗濯機やお風呂掃除の仕方をご紹介しました。

オキシクリーンを使った掃除はつけ置きがメインなので、時間を有効に使えるというのもポイントですね。

そして今まで諦めていた汚れも落とすチャンスです。是非試してみて下さいね!