コストコのオキシクリーンの入れ物おすすめは?値段や使い方も紹介!

オキシクリーン

コストコで買える「オキシクリーン」は世界的に人気のある万能クリーナー。これさえあれば家中のお掃除は全て完結できるという優れものです!

今回は、コストコで購入出来る大容量のオキシクリーンを詰め替えるのにおすすめの入れ物や、オキシクリーンの値段、主な使い方についてご紹介します!

コストコのオキシクリーンの入れ物おすすめは?

コストコで買えるオキシクリーンは4.98gもある大容量サイズなのでかなり長持ちします。

そうなると、湿気で固まってしまわないか気にする方も多いはず。なので購入した後は他の容器に移し変えることをおすすめします。

ここで1つ注意しなければならないことがあります。それは、密閉式の容器には絶対に移さないこと。

オキシクリーンは酸素系漂白剤なので、いつでも微量の酸素が出ているんです。とはいってもそれほど神経質になる必要はなく、フタをゆるめに閉めたり、定期的に開けたりといったことで調節すれば十分です。

では本題に入りましょう。オキシクリーン詰め替え用の入れ物で一番おすすめなのはズバリ、米びつ!ダイソーであれば、5kg入る米びつが400円(税抜)で手に入れることが出来ますよ!

この大きさの米びつなら、アメリカ製の大容量オキシクリーンを軽量カップごと全て入れることができます。フタがパカッと開いて立つタイプなので使用するときも楽々、更には洗剤の残りがどのくらいかも把握しやすいですよ。

他にも100円ショップで購入出来るストッカーや瓶の容器などに小分けにして、保存している方も多いようです。米びつを置くスペースがない時はこの方法で保存しましょう。フタをゆるめに閉めておくことを忘れずに!

コストコのオキシクリーンの値段や使い方を紹介!

コストコならオキシクリーン4.98gを約2,000円で手に入れることが出来ます。年末の大掃除の時期などはセールになり、更に安くなることがあるので、そのような時に買いだめしておくというのも手ですね。

ちなみに、ドラッグストアなどでも置いてあることがありますが、実はこのオキシクリーン、生産国別に二種類存在しているんですよ。

コストコで買えるのはアメリカ製で、ドラッグストアなどで見かける日本語でオキシクリーンと書いてあるものは中国製です。

表記以外にも違いがあり、アメリカ製には界面活性剤が入っていますが、中国製には入っていません。汚れがより落ちやすいと言われているのは、コストコで買えるアメリカ製のオキシクリーンです。

汚れも落ちて、他のお店よりも格安で手に入るなんて、やっぱりコストコはコスパが最強ですね!

さて、そんなオキシクリーンを使う上でいくつか注意点があるのでご紹介します。

【注意点】
①オキシクリーンが一番効果を発揮するのは、40~60℃のお湯に入れた時です。
効果が出るのは20分~6時間まで。それ以上浸けても変わりはありません。
塩素系漂白剤と混ぜない。
シルク、ウールなどには使えない。家の中でも場所によっては使用すると色落ちしたり剥がれたりする可能性があるため、目立たないところで試してから使用する。
手が荒れる原因になるのでビニール手袋などを使う

それではここからオキシクリーンを使った掃除方法をお伝えします。おすすめの使い方をいくつかピックアップしてみましたので、是非試してみてください。

【洋服の漂白をしたい時】
1、バケツに40~60℃のお湯を汲み、付属の軽量カップ1目盛り分を入れてよく溶かす。(かなり頑固な染みや汚れの場合は2~3目盛りを入れましょう)
2、その中へ漂白したい衣類を入れ、3時間程度置く。
3、軽くもみ洗いしたら、洗濯機に入れ通常の洗濯を行う。
いつもの洗濯にもオキシクリーンは使えますが、その場合は先に洗濯槽の掃除をしておきましょう。掃除をせずにオキシクリーンを入れて洗濯機を回すと、洗濯槽の汚れがどんどん取れて洋服についてしまいます。

【キッチンのシンク&キッチン用品を掃除したい時】
1、排水口を塞ぎ(栓がない場合はビニール袋を中に入れてその中へお湯をを溜めて縛ることで塞げます)、40~60℃のお湯をシンクに溜めながら、オキシクリーンをカップ2杯~4杯分入れてよく溶かします。(オキシクリーンの量はシンクの大きさによって調整してください)
2、その中へ、キッチン回りで綺麗にしたいもの(茶渋が気になる湯呑みや除菌したいまな板、焦げの気になる鍋、スポンジなどなど)を全て入れて3~6時間おきましょう。
3、排水後、キッチン用品もシンクも綺麗なお湯で洗い流しながらスポンジでこすり、乾かせば完了です。

この方法であればシンクと同時にキッチン用品までピカピカに出来てしまうのでとっても便利です。

生ゴミ受けや換気扇のフィルターなども入れられますね。キッチン用品と一緒に入れることに抵抗がある場合は、先にキッチン用品を入れ、2~3時間経ってから交代させるといいでしょう。

【洗面台の掃除をしたい時】
1、洗面台に40~60℃のお湯とオキシクリーン1~2杯を入れよく溶かします。(量は洗面台の大きさによって調整してください)
2、その中へコップや歯ブラシ立てなど綺麗にしたいものを入れて、3時間以上おきましょう。
3、排水し、スポンジなどでこすりながら綺麗なお湯で洗い流して終了です。

基本的にキッチンのシンクを洗うときと方法は同じです。キッチンや洗面台はその間使えなくなるので、オキシ漬けは就寝前に始めるといいですね。

他にもバケツ一杯のお湯に対し、ごく少量(スプーン一杯)のオキシクリーンを溶かしてつくった溶液なら、家の床や壁、窓の掃除も可能です。

始めに目立たないところで色落ちしたり剥がれたりしないか試してからやってみてくださいね。

※今回ご紹介したのはコストコで買えるアメリカ製のオキシクリーンを使った場合の方法です。中国製のものとは軽量カップの量が違いますのでご注意ください。

まとめ

とってもお得で家中の様々なお掃除に使えるオキシクリーン。これ一つあれば他の洗剤など必要なくなってしまいますね!

私も色々な用途で試してみようと思います。オキシクリーンを購入した方は米びつの用意も忘れずに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です