イオンのブラックフライデーセール2019開催店舗と期間!混雑情報をチェック

2016年に日本で初めて「ブラックフライデー」を導入したイオン。

イオンはそれから毎年ブラックフライデーセールを行っている為、ブラックフライデー=イオン、というイメージが付いている方も多いのではないでしょうか。

今回はブラックフライデーセール2019を開催するイオンの店舗と開催期間、混雑情報についてまとめました。是非参考にしてみてください。

イオンのブラックフライデーセール2019の開催期間

まずは、イオンのブラックフライデーセール2019の開催期間からお伝えします。

まだ2019年の開催期間については発表されていないため、昨年の期間を参考に予想していきたいと思います。

2018年のイオンのブラックフライデーセールは、ブラックフライデー当日とその後の土日を含む3日間の開催となりました。

2019年のブラックフライデーは、11月29日(金)になります。

よって、イオンのブラックフライデーセール2019は、11月29日(金)~12月1日(日)になると予想出来ます。

イオンのブラックフライデーセール2019の開催店舗

イオンのブラックフライデーセール2019はどの店舗で開催されるのでしょうか。

こちらもまだ正式な発表はされていないため、2018年の情報を元に予想していきたいと思います。

2018年は、本州、四国のイオン約400店舗でブラックフライデーセールが開催されました。
主な実地店舗は、
・イオンスーパー
・イオンモール
・イオンスタイル
・イオンスポーツクラブ
・イオンネットスーパー
など。

しかしどうやら昨年の情報を調べてみると、北海道や九州・沖縄などでも開催されていたことがわかりました。

 

開催店舗の詳細については正式な発表を待つしかありませんが、昨年開催されていた店舗は今年も開催する確率が高いと言えそうですね。

イオンのブラックフライデーセール2019 混雑情報をチェック

イオンのブラックフライデーセールはどのくらい混雑するのでしょうか。
昨年までの混雑状況から、2019年の混雑予想を立ててみました。

イオンのブラックフライデーは、開催が始まった2016年こそそれほど混んでいなかったようですが、年々知名度が上がってきていることもあり、近年はかなり混雑しているようです。

https://twitter.com/nao_cas26/status/1065804300624916480?s=20

また、日中はもちろんのこと、夕方、更には夜でも混んでいるとの情報もありました。

ここはやはり“朝イチに行く”というのが一番賢い方法と言えるでしょう。
特に限定商品が欲しい場合は、なるべく早くに出掛けるようにすると安心ですね。

さてイオンのブラックフライデーでは、イベントのモチーフキャラクターとしてパンダのキャラクターが使われています。

そのパンダの白黒カラーが元になり、イオンではシロにちなんだ46円または460円、クロにちなんだ96円または960円の価格の商品がセール中に並びます。

また、2018年にはブラックにちなんだ「ブラックサンダー」や「ブラックカレー」が先着順に無料で配られました。
このような無料配布の商品も、朝イチにいけば必ずゲット出来ますね。

複合店であるイオンモールでは、そこに出店しているお店の多くも同様にブラックフライデーセールを行うことが多いようです。

値下げの場合もあれば、ポイントが2倍になるキャンペーンなど、ブランドごとでセールの内容は異なりますが、一度チェックしてみるだけの価値はありますよ。

まとめ

イオンのブラックフライデーセール2019について、開催期間、開催店舗、混雑情報についてお伝えしました。

・開催期間は11月29日(金)~12月1日(日)と予想
・開催店舗は本州・四国の約400店舗(北海道、九州なども開催する可能性あり)
・開催期間中はかなり混雑する為、朝イチに向かうのがおすすめ

限定品や先着順の無料配布商品を手に入れるためにも、朝イチで行くことをおすすめします!

こちらの記事もおすすめです!

ブラックフライデー2019セール開催店舗や通販サイト!期間はいつからいつまで?

コストコのブラックフライデー2019はいつから?営業時間や混雑状況

トイザらスのブラックフライデー2019お楽しみ袋の価格や中身は?オンラインストア情報も

しまむらのブラックフライデー2019福袋チラシ情報!セール期間や営業時間は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です